CORDOY研究会 本文へジャンプ
役員挨拶


会長ご挨拶

CORDOY研究会は、アラミド繊維やビニロン繊維などの高性能連続繊維を使用したロープ状の革新的なコンクリート用補強材CORDOYの建設分野への普及・展開を図り、社会基盤整備に貢献することを目的として、様々な分野にわたる会員相互の交流と協力を円滑に推進するために設立されました。


1980年代にコンクリート構造物の耐久性が問題になった頃、腐食しないコンクリート用補強材として、高性能連続繊維を樹脂で固めた連続繊維補強材(FRPロッド)が開発されました。一方、1995年に発生した阪神淡路大震災の後、コンクリート構造物の耐震補強工法として脚光を浴びたのが連続繊維シート工法です。連続繊維補強材や連続繊維シートは、工場または現場で樹脂を含浸して硬化しなければなりませんが、これを改善するためにロープ状のコンクリート用補強材CORDOYが開発されました。

CORDOYにご関心のある方は、本研究会にご入会いただくようにお願いします。

関島 謙蔵(関東学院大学)





テクニカル・アドバイザーご挨拶

連続繊維ロープは、新設構造物のコンクリート中に埋設して補強材として用いるだけでなく、既存コンクリート構造物の外周に巻き立てて耐震性能を向上させるなどさまざまな使い方が考えられます。新しい材料なので、試験方法、設計方法、施工方法などに研究開発の余地も多く、大学の実験室で検討しています。

連続繊維ロープには、シートなどの既往の連続繊維補強材と同様の考え方で扱える面、新しい考え方を適用しなければならない面の双方があることが明らかとなり、興味深く研究を進めています。研究成果が技術の発展に寄与することは、私どもにとって大きな喜びです。

下村 匠(長岡技術科学大学)



幹事長ご挨拶

CORDOYによる構造物の補強方法は、既存のコンクリート構造物に樹脂を含侵させた連続繊維シート等を使用した耐震補強工法とは異なり、高性能連続繊維ロープを使用する革新的で明瞭な工法であると思っています。

また、開発当時より、歴代会長を初め、会長、役員、会員各社、賛助会員、個人会員の協力により、実験による設計方法や試験施工による施工方法の研究に取組み、実用化に向けて進めて参りました。

今後、CORDOY研究会として、実績を蓄積し、わが国はもちろん諸外国においてもCORDOYを用いての構造物の補強が、構造物の耐震補強工法として寄与していくと願っております。 


尾山 雅朗(ベルテクス建設株式会社)



会計監事ご挨拶

この度、CORDOY研究会の会計監事に就任させていただくことになりました愛知県の(株)アイテック 今井信廣と言います。コンクリート構造物の調査・診断・補修・補強工事を行っております。

今までこれと言った活動をしておりませ
んでしたが、微力ではございますが研究会のお役に立てれるよう努めさせていただ きます。諸先輩の役員の皆さま、会員の皆様、どうぞ宜しくお願い致します。


今井 信廣株式会社アイテック)



事務局ご挨拶

この度、事務局前任者の後任として、令和3年10月1日付けでCORDOY研究会事務局に就任いたしました。平成19年に設立された研究会運営の一端を担う一員として、事務局体制の構築継続を目指し、皆様方と一緒に取り組んでまいる所存ございます。

CORDOYは、従来の樹脂を含浸して硬化させた連続繊維補強材や連続繊維シートとは異なり、多くの優れた特徴があり、土木・建築関係のコンクリート構造物の補強材として期待されています。

今後も、CORDOY研究会・会員及び会員企業の発展のため微力ではございますが努力してまいります。
皆様方のご指導・ご鞭撻を、よろしくお願い致します。


山岡 隆太郎(極東興和株式会社)



歴代会長

秋山 晴樹(倉測建設コンサルタント株式会社)(2007年7月1日〜2008年6月30日

秋元 泰輔(株式会社長大)(2008年7月1日〜2009年4月10日)

関島 謙蔵(関東学院大学)(2009年4月11日〜2009年10月31日)(会長代行)

丸山 久一(長岡技術科学大学)(2009年11月1日〜2016年6月30日)


関島 謙蔵(関東学院大学)(2016年7月1日〜現在)



ページの先頭へ